円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |

犬や猫、ペットの円形脱毛症

犬の抜け毛

犬は通常、春から夏にかけて、脱毛の量が増えていきます。これは、冬の寒い気温に対応する為増えていた冬毛が、気温の上昇にからだが反応することによって、抜け落ちるためで(これを換毛という)、円形脱毛症などの病気ではありません。

また、犬の毛は季節に関係なく、常に少しずつ抜けていき、そのあとに新しい毛が生えてきて、正常な毛並みを保つのです。

ただし、春から夏以外の季節において、全身またはからだの一部の毛が異常に抜ける場合は、病気の可能性があるので注意が必要です。

犬の場合、円形脱毛症とはいわないのですが、脱毛症、寄生虫による皮膚病、ノミアレルギー、クッシング症候群、ホルモン性皮膚炎、精巣の腫瘍が考えられます。異常な抜け毛が見られた場合には、獣医師の診断を仰ぎましょう。

犬の円形脱毛症

犬にも人間の円形脱毛症のような症状が起こることがあります。

日ごろのブラッシングの際に、犬の体に異常な脱毛がないかチェックしましょう。まず、からだのどの部分で脱毛しているかチェックしてみてください。

犬の脱毛は、あらゆる皮膚病に共通している症状ですが、原因によって脱毛の場所が異なっているのです。最も多いのが、背中の脱毛で、ノミアレルギーによる湿疹で、人間の円形脱毛症のように、毛が抜けてしまいます。

からだの側面か左右対称に脱毛が見られる場合は、ホルモン性皮膚炎の可能性があります。からだのあちこちに脱毛があるときは、真菌性(カビ)などが原因の皮膚病と考えられています。症状に合わせた適切な処置が必要になりますので、からだのどの部分が脱毛しているかきちんとチェックして、早めの治療を心がけましょう。

犬の脱毛症の原因

犬も、人間における円形脱毛症の症状とよく似た病気になることがあります。犬の脱毛症の原因としてはさまざまですが、人間の円形脱毛症と同様に、ホルモンバランスの乱れがあげられます。

犬はホルモンバランスが乱れると、育毛サイクルが崩れ、正常に機能しなくなり、脱毛の症状が起きる場合があるそうです。また、栄養のバランスが偏ったり、強い紫外線にあたりすぎたり、温度によって皮膚が傷つけられることでも脱毛が誘発されるといわれています。

また、ストレスに関しては、人間より犬のほうが敏感だといわれているので、これも原因のひとつと考えられているようです。これらが複雑に絡み合って、犬にも人間でいう円形脱毛症に似た症状が起こるケースがあるので、普段から飼い犬のボディチェックをしてやり、早期発見を心がけましょう。

犬の脱毛症「成長期脱毛症」

人間は円形脱毛症などの症状がみられた場合、自分で気づいて対処することができますが、犬の場合はそうはいきません。

飼い主さんが日ごろから犬の状態・健康を適切に管理してやることが必要です。犬における「成長期脱毛症」については、さまざまな原因が考えられています。内分泌異常・伝染性疾患・代謝性疾患・有糸分裂を抑制する薬剤、成長期の阻害が主な原因とされ、飼い犬に突然、被毛脱落がおこることがあるのです。

犬は普通、春から夏にかけて毛が生え変わるので、この時期は抜け毛が多くなります。しかし、時期はずれの大量の抜け毛や、異常な症状の場合は、この病気の可能性もあるので、獣医師の診察を受けるようにしましょう。人間の円形脱毛症と同様、早期発見・早期治療が必要なのです。

犬の脱毛症「休止期脱毛症」

犬の脱毛症として「休止期脱毛症」というものがあるのをご存知でしょうか。

犬の「休止期脱毛症」は、妊娠、出産、授乳期、重い病気、高熱、ショック、手術あるいは麻酔などが原因となり、多くの成長期の毛包が成長をストップします。これらの毛包は同時に退行期、次いで休止期に入り、やがて毛根の活動が再開されると、1〜3カ月後に大量の毛が抜け落ちるというわけです。

しかし波状におこる脱毛、広範性の脱毛、過度の継続性脱毛の原因については、人の円形脱毛症と同様に、はっきりとしていないのが現状です。犬は人間より敏感にストレスを受けるのも原因のひとつとして考えられているそうです。

これらの原因が複雑に絡み合い、犬の脱毛症が発生するとされ、ホルモンが関係する脱毛の場合は、
甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症とも考えられます。飼い犬に、脱毛症の症状が起きたときには、早めに獣医師の診断を仰ぎましょう。

犬の脱毛症治療

人間の円形脱毛症については、原因・症状によってさまざま治療法が確立されています。犬にも、人間の円形脱毛症のような症状が見られることがあり、その治療もさまざまあるようです。

犬に脱毛症が見られた場合、皮膚の黒ずみ・乳房の肥大・外陰部の肥大、といった症状が併発している場合、ホルモンバランスの異常が原因として考えられます。この場合、血液中のホルモン量の検査をし、皮膚・毛根の状態を調べ原因をみつけて治療します。

治療としては、避妊手術が用いられることもあるようです。感染症の脱毛の場合には、細菌や寄生虫などの感染源を取り除く治療が行われます。感染源が除去されると、その後2・3週間という比較的早い期間で、再び毛が生えてくるそうです。

猫の円形脱毛症

犬や猫も、人間の円形脱毛症と同様に、ストレスが主な原因となり、体毛が部分的に抜けることがあるといいます。

猫の場合、ストレスを発散させようと、前足や腰・背中などを、一箇所だけ繰り返し舐め、その部分の毛が徐々に抜け落ちていき、人間でいう円形脱毛症のような症状が見られる場合があるそうです。

猫は通常からグルーミングといって、体をよく舐めますが、ストレスを感じている猫は、毛を引きちぎるように舐め、毛がなくなるまでやり続けることがあります。この行動は、普段飼い主の前ではやらず、夜間や隠れて行うことが多く、飼い主が気づいたときには、もう毛が薄くなっていることが多々あるといいます。放置しておくと、下痢や嘔吐といった症状につながったり、食欲不振から体重減少にもつながりかねませんので、ストレスを取り除いてやることがまず必要です。

【円形脱毛症対策アイテム】を楽天で検索する

【クローズド】スヴェンソン 増毛ネット 資料請求プロモーション


▼同カテゴリー「 コラム 」の記事一覧
犬や猫、ペットの円形脱毛症
アロエで抜け毛対策
抜け毛対策の「ツボ」 Part1
抜け毛対策の「ツボ」 Part2
足湯で抜け毛対策

円形脱毛症の基礎知識

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の対処法

抜け毛の基礎知識

コラム

リンク集

 
円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |