円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |

抜け毛のしくみ 正常な髪の毛とは

抜け毛のしくみ

円形脱毛症やそのほかの抜け毛、脱毛症の対策として、髪の毛の基礎知識をおさえておきましょう。

日本人の平均的な髪の毛の本数は、約10万本といわれています。髪の毛は、正常な状態でも1日に50本から100本が抜け落ちており、新しい髪の毛がはえてくるのも、1日に50本から100本だそうです。つまり、抜け毛とほぼ同数の髪の毛が新たにはえてきて、10万本がほぼ一定に保たれているというわけです。

髪の毛は、全部ではありませんが毎日はえかわっているのです。しかし、髪の毛の寿命以外に、偏った食生活や昼夜逆転の生活、喫煙やストレス、外的な要因などなどさまざまな原因で、生えてくる毛より抜け毛が上回ると、薄毛や、場合によっては脱毛症になっていくことになるのです。

円形脱毛症では、一部分が突然抜け落ちてしまうという場合があります。髪の毛の基礎知識を身につけ、正常な量の抜け毛かどうか、きちんと見極めて、円形脱毛症の対策をしましょう。

正常な髪の毛とは ヘアサイクル

円形脱毛症・抜け毛の基礎知識として、髪の毛のサイクルを知っておきましょう。

正常な髪の毛は、成長期、退行期、休止期を経て、抜けおちます。髪の毛の成分は、頭皮にある毛母細胞で作られており、毛母細胞は通常2年から5年の間、1本の髪の毛を作り続ます。それが、髪の毛の成長期と呼ばれる段階です。

毛母細胞が衰えて、髪の毛の成分を作る量が減ってくると、退行期になります。退行期は約2週間続き、休止期となると、毛母細胞の活動が完全に止まるのです。

休止期を迎えた髪の毛は、その後約3ヶ月で自然に抜け落ちます。髪の毛が抜けたあとの毛母細胞は、しばらく休止し、再度髪の毛を作り始めます。実は、約10万本の髪の毛のうちの約1万本、つまり約1割は休止期の状態なのだそうです。よって、毎日抜け毛があるのは当然で、円形脱毛症ではないかと、過敏になる必要はそうないのです。

ただし、髪の毛が正常に成長していたのにもかかわらず、急に抜けてしまうといった場合などは、円形脱毛症の可能性もありますので、皮膚科を受診されることをお勧めします。

【円形脱毛症対策アイテム】を楽天で検索する

【クローズド】スヴェンソン 増毛ネット 資料請求プロモーション


▼同カテゴリー「 抜け毛の基礎知識 」の記事一覧
髪の毛の構造
抜け毛のしくみ 正常な髪の毛とは
抜け毛の原因
フケによる脱毛症
女性に多い脱毛症
その他の脱毛症

円形脱毛症の基礎知識

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の対処法

抜け毛の基礎知識

コラム

リンク集

 
円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |