円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |

ドライアイス療法とPUVA療法

ドライアイス療法(冷凍療法)とは

円形脱毛症の解決方法として、病院で治療を受ける場合、「ドライアイス療法(冷凍療法)」を受けることがあります。この治療法はドライアイスを、円形脱毛症の患部に1秒程軽くあてて、刺激を与えるという方法です。

当然ながら、この「ドライアイス療法(冷凍療法)」は円形脱毛症の治療として病院で行うものので、ご自分ではなさらないで下さい。

有効率は70%と言われていますが、1年ほど経過しても効果が認められない場合には、皮膚が傷み、跡になる恐れがあるので、中止する必要があります。

病院では、ほかに「局所免疫療法」を受けることもあります。かぶれを起こしやすいSASBEやDPCPという化学物質溶液を、円形脱毛症の患部に、1〜2週に1回塗布し、痒くない程度の弱い皮膚炎を起こさせる方法です。

現在、最も有効で安全な治療といわれ、有効率は90%以上だということです。ただし、人によってはひどいかぶれが起きることがあるので、病院でしっかり医師に説明を求めてから開始してください。

PUVA療法とは

病院における円形脱毛症の治療はさまざま用意されており、脱毛部分に紫外線を照射するPUVA療法もそのひとつです。

また、脱毛部分に液体窒素をスプレーで吹きつける方法や、液体窒素をひたした綿棒を接触させるという、液体窒素凍結治療というものもあるようです。

それような治療でも円形脱毛症がなかなか治らない場合は、副腎皮質ホルモン剤を脱毛部分に直接注射するという方法も病院によってはとられています。

脱毛部分が広範囲なケースにおいては、副腎皮質ホルモン剤の内服治療がとられます。

円形脱毛症は自然に治癒することが多いのですが、長期間治らなかったり、脱毛部が広がり全頭型や汎発型になるケースもあるので、円形脱毛症に気づいたら、早めに皮膚科のある病院を訪ねるようにしましょう。

【円形脱毛症対策アイテム】を楽天で検索する

【クローズド】スヴェンソン 増毛ネット 資料請求プロモーション


▼同カテゴリー「 円形脱毛症の治療 」の記事一覧
円形脱毛症の治療 皮膚科
ドライアイス療法とPUVA療法
薬による円形脱毛の治療
円形脱毛症の塗り薬と飲み薬
漢方薬による円形脱毛症の治療

円形脱毛症の基礎知識

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の対処法

抜け毛の基礎知識

コラム

リンク集

 
円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |