円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |

円形脱毛症の塗り薬と飲み薬

円形脱毛症の塗り薬

円形脱毛症に使用される「塗り薬」についてご紹介します。

「フロジン液」という塗り薬は、成分:塩化カルプロニウム5%で、皮膚血管を拡張し血流をよくする作用があるといわれます。円形脱毛症の頭皮に塗布し、機能の低下している毛根を活動させ、脱毛防止、発毛促進につなげるということです。

市販の育毛剤にも、塩化カルプロニウムが2%配合されているものがあるそうです。「アンテベート(成分:酪酸プロピオン酸ベタメタゾン)」というのは、非常に強力なステロイドの外用薬です。炎症による腫れや赤みをおさえる強い作用があり、かゆみや痛みをやわらげるといわれ、円形脱毛症に用いられています。

また円形脱毛症に用いられている塗り薬として、「フルメタ」(成分:フランカルボン酸モメタゾン)があります。これは、2群[非常に強力]なステロイドの外用薬で、炎症をとる強い作用があるそうです。炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。

「デルモベート」(成分:プロピオン酸クロベタゾール)という外用薬もあります。これは、1群[最強]なステロイドの薬で、炎症をとる強い作用が期待されます。

ただし、円形脱毛症の薬や治療法として、何が効果的なのかは人によって異なるので、お医者さんとよく相談し根気よく治療を続けてください。

円形脱毛症の飲み薬

原因のはっきり限定できていない、円形脱毛症の治療としては、対処療法としての薬が用いられているのが現状です。

円形脱毛症に用いられている飲み薬として、「セファランチン」(成分:セファランチン)があります。抗アレルギー作用・血流促進作用・免疫機能増強作用・造血機能の改善作用が期待されています。

「グリチロン」(成分:グリチロン)は、免疫調節作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用などがあるといわれています。各種のアレルギー症状を改善する抗ヒスタミン薬「エバステル錠」(成分:エバスチン)も円形脱毛症に使われています。

ステロイド薬「プレドニン」(成分:プレドニゾロン)は、炎症をしずめたり、免疫系をおさえる作用が期待されています。

円形脱毛症の飲み薬として、数種をあげてみましたが、前述したようにこれらは体質によって合う合わないもありますので、担当医と相談の上、根気よく続けることが肝心です。

【円形脱毛症対策アイテム】を楽天で検索する

【クローズド】スヴェンソン 増毛ネット 資料請求プロモーション


▼同カテゴリー「 円形脱毛症の治療 」の記事一覧
円形脱毛症の治療 皮膚科
ドライアイス療法とPUVA療法
薬による円形脱毛の治療
円形脱毛症の塗り薬と飲み薬
漢方薬による円形脱毛症の治療

円形脱毛症の基礎知識

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の対処法

抜け毛の基礎知識

コラム

リンク集

 
円形脱毛症がわかるTOP | 円形脱毛症の基礎知識 | 円形脱毛症の原因 | 円形脱毛症の治療 | 円形脱毛症の対処法 | 抜け毛の基礎知識 | コラム | リンク集 |